思春期の子供の苦手野菜対策とは

MENU

 

反抗期を迎える思春期の子供たち。野菜を積極的に摂らせたいからといって、無理やり食べさせようとするとさらに反発する結果になってしまいます。あくまで子供の気持ちに寄り添いながら、野菜不足を解消するのが一番の方法でしょう。さまざまな部分で不安定なこの時期の子供の野菜不足解消対策、どのような方法がいいのか考えてみましょう。

 

ハンバーグカレー

 

おすすめの対策方法

 

この時期の子供たちは、男女の違いがはっきりとし、また同性間でもさまざまな面で差が現れやすい時期です。人によって身長が高かったり、その逆であまり身長が伸びなかったりと、子供たち自身も悩んでいることが多い、そんな不安定な時期でもあります。

 

大きな成長期を迎え、男子は男らしく、女子は女らしく変化が現れる年齢であり、この時期の栄養素は心身ともに成長するために非常に重要なものですから、そのことを子供たちにもしっかりと説明してあげる必要があります。それによって、野菜不足の解消にもつながると考えられます。

 

成長にとって必要不可欠なものであることを説明

この時期の子供達は、自分の身長や外見にとても興味を持っています。男の子はもっと背が高くなりたいとか、女の子はもっときれいな肌になりたいとか、思春期らしい希望です。そのような希望を叶えるためには、野菜の栄養素は必要不可欠だということ、そしてそれらの栄養素はどのような役割を持ち、どのように影響を与えるのかをしっかりと説明してあげてください。

 

好きなものと一緒に

小さな子供と違い、この年齢の子供の野菜の存在を隠し、分からないように食べさせるのは不可能に近いでしょう。野菜は成長に必要なものであることを分からせ、栄養素が不足するとどのような悪影響が現れるのかをしっかりと説明してあげた後、なるべく野菜の匂いや味を消すような工夫を加え、調理してあげることが大切です。

 

野菜を食べている実感はあるけれど、案外食べやすい、スムーズに食べることができたという方法が理想です。カレーやハンバーグなど、子供は好きそうな料理に混ぜたり、スパイスの風味で野菜の匂いを消すなどすると食べやすくなります。

 

青汁を毎日の食事にプラスする

この時期の栄養素はとても重要なものです。しっかりと栄養素を摂取してないと、成長に大きな影響を与えてしまうことになるから。なかなか野菜を食べてくれないという場合は、毎日の食生活の中に青汁を加えてしまいましょう。青汁は苦く飲みにくいという印象がありますが、とても飲みやすい青汁は豊富に販売されています。料理に混ぜたり、また牛乳豆乳などに混ぜて飲むとさらに飲みやすくなります。

 

野菜を食べない時の対策ポイント青汁の選び方

 

青汁

 

野菜をなかなか食べてくれない子供の野菜補給アイテムとして注目されている青汁。青汁は美味しくない、苦いなどというイメージがあり、なかなか子供の健康補助食品として認識されにくいものでもあります。ですが、青汁にはとても飲みやすいものが多く販売されており、子供の野菜不足解消にとても役に立つのです。

 

そんな青汁を選ぶ際、どのようなことに気を付けて選ぶと子供にピッタリの青汁を見つけることができるのでしょうか。青汁を選ぶ時のポイントはこのようなことが挙げられます。

  • 美味しさ
  • 原材料や添加物の安全性
  • クチコミや評判

 

子供に飲ませるのであれば、美味しさはマストです。美味しくない青汁はなかなか続けることができません。また、使用している原材料の品質、そして安全性は外すことができない重要ポイントです。安全性の高いものを選ぶ必要があります。そして、今まで青汁を活用してきた多くのママたちのクチコミ評判は大切なチェック項目。経験者の話をヒントにすると選びやすいでしょう。

 

まとめ

 

野菜の大切さ、栄養素が体にどのような影響を与えるのか、しっかりと説明してあげることが大切。無理強いすると反発しやすい年齢のため、どのようにしたいのか、どう思っているのかを聞き、子供の気持ちを大切にすることから始めましょう。

 

青汁を活用すれば、足りない栄養素を簡単に補給することができ便利です。足りない栄養素のプラスアイテムにおすすめ。青汁を選ぶ際は、子供が飲みやすいもの、安全性の高いものを選ぶことがポイント。