0歳から2歳の野菜嫌い対策

MENU

 

ミルクから徐々に離乳食に移行していく0歳〜2歳の子供たち。その過程で初めて野菜を口にすることになり、とまどってしまう子供も多いようです。とはいえ健康な体を作るために野菜の栄養はきちんと摂ってほしいと思うのは親心というもの。このような場合、どのような対策方法をとればスムーズに食べてくれるようになるのでしょうか。

 

離乳食を食べる赤ちゃん

 

0歳児への対策方法

 

0歳児は5〜6ヶ月頃から、離乳食として野菜に初めて触れるようになります。母乳やミルク以外の食べ物を口にするのは初めてのため、思わず吐き出してしまう赤ちゃんもいますが、根気よく食べさせてあげてください。0歳児への対策方法はこのようなものが挙げられます。

 

しっかりと柔らかくしてあげる

この時期の離乳食はまだ食感が必要ありません。柔らかく潰してあげる必要があります。なかなか食べてくれないのは食材が硬すぎるせいかもしれません。1歳前頃になると、歯茎でも簡単に潰せるくらいの硬さに調整してあげてください。

 

野菜の選択

子供は苦みがとても苦手です。そのため、苦みが強い野菜を選択するのは避け、しっかりと甘味を感じることのできる野菜からはじめてください。

 

しっかりと抱いてあげて

野菜を食べてくれない赤ちゃんの中には、ベビーチェアに座ることで不安を感じ食べなくなる場合があります。ベビーチェアに座っての食事は少し後にし、今はしっかりと抱きかかえ離乳食を与えてあげてください。

 

しっかりとお腹を空かせて

この時期の赤ちゃんは、離乳食と並行し、母乳やフォローアップミルクを飲んでいる場合は多いと思います。ミルクを食事の前に与えるとお腹があまり空いていないため、離乳食をなかなか食べないということが良くあります。その結果野菜を食べる量を減少してしまうため、まずは離乳食を与えてからミルクをプラスするという順番を守るようにしましょう。

 

1歳児への対策方法

 

1歳を過ぎると、食べていいとされる食材が増え、食の選択肢が増えます。例えばハチミツ。ハチミツはボツリヌス菌が含まれているため、1歳未満の乳児には与えることを禁止されています。1歳になるとハチミツも解禁。食べられるものがグンと増える時期です。

 

食べることの楽しさを教える

食べることの楽しさを教えるために、スティック状にした人参などの野菜を自分で食べさせてみましょう。自分で食べることで食べることが面白くなり、進んで野菜を食べるようになります。

 

味付けを変えてあげる

毎日同じ味付けでは飽きてしまいます。それは子供といえども私たち大人と同じ。食べられる食材、そして調味料の幅が広がる時期ですので、定期的に味付けを変えてあげましょう。

 

お気に入りの食器を決める

1歳児になると自我が芽生え始め、こだわりが非常に強くなります。野菜を食べさせる方法のひとつとして、自分のお気に入りの食器を選ばせるという方法があります。食事の時間になると、食器を用意させ楽しさを演出してあげましょう。

 

2歳児への対策方法

 

2歳になると離乳食は完全に終了します。幼児食へと移行する時期ですが、大人とほぼ変わらないものを食べるようになります。野菜を食べない2歳児への対策方法も、食事内容とリンクしたものになります。

 

大人が美味しそうに食べてみせる

この時期の子供は大人の真似がとても大好きです。食べているものが両親と違った場合、嫌がる場合もあるほどです。そんな子供の特性を利用し、大人がまず野菜を美味しそうに食べてみせましょう。

 

旨味をきかせて

子供の味覚は育つものです。味覚のひとつに旨味がありますが、旨味をきかせることで良く食べるようになる場合があります。濃い味付けは子供には避けた方がいいと言われていますから、出汁をきかせて味にメリハリを出してあげましょう。

 

青汁をプラス

どうしても野菜を食べない場合、青汁をプラスし野菜の栄養素をプラスしてあげる方法もあります。フルーツ風味の青汁ならジュース感覚で無理なく飲むことができます。食物繊維の働きのため、お腹がゆるくなる場合もあるため、離乳食が完了した2歳から始めるといいでしょう。

 

まとめ

 

0歳〜2歳の子供は、まだまだ野菜初心者と言えます。初めて食べる野菜の味にびっくりしているところです。ですが、野菜の美味しさや食べることの楽しさを教える絶好のチャンスとも言えます。無理強いは野菜をますます嫌いにさせる、絶対にやってはいけないことです。子供用青汁などで野菜の栄養素を補いながら、根気よく続けていきましょう。